ケータリングサービスを利用するメリットとは?

ケータリングを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか?デリバリーと何が違うのでしょうか? - ケータリングサービスを利用するメリットとは?

ケータリングサービスを利用するメリットとは?

ytjytjd
パーティーを彩ってくれるサービスを提供するのがケータリングですが、いまいちデリバリーとの違いがわからない人も多いです。幹事側にすれば参加者に満足してほしいことから、いろんなことを考えてしまいますが、その確かな答えを導くのは難しいものです。そんなときこそ、ケータリングのメリットを利用すると良いでしょう。

ケータリングのメリット

参加者が何もしなくてよいことです。借りた会場で料理はあるけれど、お皿やお箸やフォークなどを用意するのは意外に億劫です。また大人数になれば好き嫌いがある人も多くなり、食べられるものが限られてしまうこともあります。いろいろ考えずにすべてを行ってくれるのがケータリングです。
料理からお皿、そして片付けからゴミの回収まで、そのパーティーの裏方になってくれると考えてください。参加者は楽しむだけというのがケータリングのメリットになります。

デリバリーとの違い

作られた料理を運んでくるのがデリバリーであり、ケータリングはパーティーのセッティングをするという違いがあります。セッティングをするからこそ料金が高くなりますが、余計なことをせずにただパーティーだけを楽しめば良いのがケータリングの良さです。また料理も幅広く用意することができます。
ライブクッキングができる業者も最近では増えており、目の前でてんぷらをあげたり、お寿司を握ってもらえたり、またパティシエがスイーツを作ってくれたりと、参加者を喜ばせる演出もあります。特に子供が参加するパーティーであれば、料理以外に職人さんの腕を間近に見られることから、楽しめるパーティの演出にもなるでしょう。演出をするのもケータリングのメリットになります。特に東京であれば、いろんな演出をすることができる業者も多いです。東京のケータリングは地方に比べておしゃれなので、利用してみる価値はありそうですね。

デメリットは料金が高い

gbfrhtrrs
料理を用意するわけではなく、会場から食事をするセッティングまでありますので料金が高めになります。普通にお店に予約を入れるのも良いですが、ただその場合は料理の質が落ちます。すべての人が満足できる料理を食べることはできません。しかしケータリングはそのようなことが少ないです。すべての人が食べられる料理を提供することができます。
演出も大切ですが、出される料理こそパーティーの演出です。その点を考えれば、デメリットである料金が高い部分は納得することができるでしょう。幹事として参加者の料金が高くなるデメリットはありますが、参加者を満足させる自信があることを示すことができます。

幹事の労力が軽減するのが最大のメリット

本当にいろいろと考えてしまいます。何が必要で、どんなものを用意しなければならないのか?参加者の年齢によって食べるものまで配慮しなければなりません。そんなことを一切省いてくれるのもケータリングです。プランナーと打ち合わせをして、パーティーの趣旨と参加者の特徴を伝えるだけで、プランナーがいくつか提案してくれるでしょう。
そのプランから選ぶだけで良いです。ただ参加料金が高くなりますので、それを参加者に説得させるのは少し困ることもあるでしょう。ただし満足度が高くなるのは圧倒的にケータリングの方ですので、それを口実にして参加者の理解を求めると、すんなりいくはずです。
お店選びから、食事内容、そして参加者の特徴など、幹事を仕事にしているわけではありませんので、満足させるプランなど一般の人ができるはずもありません。そんな時に利用したいのがケータリングです。